本文へスキップ

女性も活躍する軽貨物ドライバーの仕事とは。

『軽貨物運送のドライバー』は、これから軽貨物ドライバーになるかもしれない、 そう悩んでいる多くの方々にもわかりやすく、 どんな車を選ぶべきか、事務所には家具と事務員をどう配置するのか、 といった起業に必要になりそうなあらゆる情報を紹介します。

軽貨物運送

軽貨物運送とは軽トラックなどで荷物を運ぶお仕事で、トラックでなくとも箱バンや 乗用車、バイクで業務を遂行することもあります。 フランチャイズ(FC)に応募して軽貨物のドライバーになる人、1から全部自分の力 で起業する人の2タイプがほとんどで、運転好きの方に向いている業務でしょう。 どちらでスタートするにも開業資金が必要ですが、最近は少ない資金でも相談にのって くれるFCもありますので、将来は独立することも視野に入れながらFCで仕事を 覚えようと頑張っている脱サラ組もいます。 他にも「クリーニング屋を畳んで軽貨物運送業を営んでみよう!」という人もおりサラリーマン以外 にも人気があるようです。


個人で軽貨物運送業

フランチャイズではなく個人で営業しようとする方も多い軽貨物の運送ですが、 軽トラを用意したらすぐに始められるわけではありません。 「荷物を運ぶ準備は整った、さて仕事の依頼主を探すか」と勝手に営業してはならず、 事業主としてやっていくための届出が必要になります。 営業所は自宅として車も手元にある、そしたら貨物軽自動車運送事業経営届出を 管轄運輸支局長へ行いましょう。 この過程を無視して営業してしまうことは大変な過ちになるので、いくら運転に自信 があっても絶対にやってはいけません。


軽貨物の車両

フランチャイズに加盟して軽貨物運送を起業する場合だとFCに指定された新車を 購入することが義務付けられるケースが多いようですが、個人で始めるのなら自分で 好きな車を用意することができます。 運送業に相応しい車両を持っていなければ(ほとんどの人がそうでしょうが)中古車 を購入することになりますが、どんなタイプの車がベストチョイスなのでしょうか。 どれだけ年式の古い中古車でも大丈夫になったので選択の幅はとてつもなく広がり ましたが、言い換えればそれだけ悩ましい問題にもなったのです。 実際に町を走行している軽貨物便も参考にしながらこの問題について考えてみましょう。


軽貨物運送業を起業

フランチャイズではなく独立した軽貨物運送業を営むのならば、自ら営業を行って 取引先を探さないと仕事はやってきません。 運転席に座って待っているだけではお客さんは出現しませんし収入も増えません。 自分は事業主だということを肝に銘じて仕事探しの営業をどんどん行いましょう。 いくらドライビングテクニックが優れている運転手でも、それだけでは仕事が勝手に 舞い込んで来るわけがありません。 地道な営業活動をしてお得意さんを増やし業績を軌道に乗せましょう。 どんなに成功している軽貨物運送の先輩方でももれなく同じ道を通っているのです。


バナースペース

車検のコバック滑川店・黒部店
車検専門店だからできる保証が充実。
滑川市・黒部市はもちろん、魚津市からも多数ご来店いただいております。
http://kobac-namerikawa01.com/